So-net無料ブログ作成
検索選択

子供はスゴイ [英会話]

今日、長女(6歳)と英会話教室の無料体験に行ってきました。

4歳から2年ほどヤマハ英語教室に行ってたのですが、夏に妻が里帰り出産した際にやめてしまいました。

ただ、英語教室が結構面白かったらしく、『また英語教室に行きたい』 と言い出したので、今度はネイティブスピーカーがいる教室を選んでみました。

ヤマハは教材としては優秀でしたが、私の目的は 【外国人を見てもビックリしない様になって欲しい】 なので、今度は外国人がいる教室に行かせたかったんです。

久しぶりの英語だし、初めての外国人先生なのでどうなるかと思ったのですが、いざ教室に入ると全く臆することなく 『ハロ~』 って先生に寄って行きます Σ(・ω・ノ)ノ

体験レッスン中もとても楽しそうで、突然 『What's your name?』 って聞かれても 『My name is ●●』 って即答で答えて遊んでましたしね。

う~ん、ちょっとぐらいブランクがあってもすぐに出てくるなんて、ちゃんと身についてるんですね。

やっぱり子供の吸収力ってスゴイです。

終わった後に 『次はいつ?』 って聞かれましたので、この教室で申し込んできました。

結構イベントがある教室みたいですので、新たなブログネタを提供してくれることに期待です (・ω・)ノ


タグ:英会話教室
nice!(24)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

まいこはん [企画のお仕事]

もう一月近く前になってしまった京都観光ですが、今回で最後になります。

金閣寺の次は二条城だったのですが、アメリカとベトナムチームの 『100円ショップに行きたい!』 という要望によって、二条城とショッピングの二手に分かれることになりました。

前回のコロンビア人に 『どっちに行くの?』 って聞かれたので二条城に行きたいと答えると、『そうですよね。ショッピングなんて他の場所でも出来るけど、二条城はここにしかないですからね。二条城に行かない人が信じられません。』 って言われました。

で、バスに戻ると既にグループ分けが終わっていて、『まさむねさんショッピング引率でお願いします』 ですって ( ̄◇ ̄;)

かなり行きたかったんですけどね。。。 久しぶりの二条城 kao21.gif

ショッピングは京都駅南側のイオンモールだったのですが、歴史的な建物が続いたと思ったら突然近代的なショッピングモールが出てきたので、みんなそのギャップに驚いてました。

中は自由行動だったので、私はガイドさんとベジタリアン用の夕食を探してたら、インドカレーの店を見つけました。

ショッピングモールに本格的なインドカレーは無いかなと思ったのですが、店をのぞいたらいるじゃないですか! インド人が!!

ガイドさんは興奮しちゃって 『インド人ですかっ?』 って大声で叫んでしまい、聞かれたインド人もビックリです kao29.gif

『実は外国人を引率していて、その中にインド人のフルベジがいる』 と説明したら、『フルベジですか。それは大変でしょう。』 と、さすがフルベジが何かをご存知の様子で、一人置いてけぼりだった日本人店員に、フルベジがどんだけ大変なのかを説明されてました。

『フルベジでしたら、こちらの2メニューが対応してますよ』 と流暢な日本語で教えてくれ、インド人の好みが分からなかったので両方購入です。

インド料理専門店でしたら証明書を出してもらえたりするのですが、証明書は無いとのことでしたので、間違いなくフルベジ用の材料しか使ってない証拠として、その方の写真を撮らせていただき夕食の準備はカンペキです (≧ω≦)b

そんな夕食ですが、お座敷で舞妓ショーを堪能していただきました。

その場がどれだけ盛り上がったかは、この写真に語っていただこうと思います。

 

舞妓さんと外国人.jpg

 

これで今回のイベントは終了ですが、もう一回ぐらい番外編をやるかもしれません (・ω・)ノ


nice!(28)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

喜んだり喜ばなかったり [企画のお仕事]

記憶が薄れてきた京都観光です。

清水寺の次は南禅寺で湯豆腐です。

私たちは 『こんな高級料理が食べられるなんて、添乗員に選ばれて良かったぁ!』 という感じだったのですが、後でみんなに聞いたらこの豆腐が悲しいぐらい喜ばれてませんでした。

日本人の様に素材そのものの味を楽しむという文化を持っている国は少ないみたいで、『味がしなかった』 という意見が多かったですね。

あとは、『スープ(ポン酢のことです)がすっぱくて食べられなかった』 という評価もちらほら。

喜んでくれたのは、『自分の国でも良く日本料理屋に行く』 と言ってた欧州の人達ぐらいでしたね。

ただ、天ぷらは結構みんな喜んで食べてくれましたので、とりあえずはみんな満腹になって、給仕のお姉さま達と写真撮影会で楽しんでました。

次に行くのは金閣寺です。

金閣寺って英語で何て言うかご存知ですか?

私は初めて知ったのですが、Golden pavilion (ゴールデン パビリオン) って言うそうです。

旅行前に図書館で借りた 『英語で京都を説明する』 本に書いてあったのですが、同じ 『寺』 という字を使っても、『てら』 と呼ぶ場合は 『temple』 で、『じ』 という場合は 『pavilion』 なんですって。

そんなGolden pavilionの写真がこちらです。

金閣寺.jpg

 

この日はとても良い天気で、ガイドさんの話では、ここまでキレイに逆さまの金閣寺が見られるのは珍しいそうです。

ここは清水寺の時とは違って、どのグループもジックリ時間を掛けて観光してました。

最後のお土産屋でコロンビア人と一緒になったのですが、竹のハンコの前で悩んでいる様子でした。

『どうしたの?』 って聞いたら、『これが欲しいんだけど、どれを買っていいのかが分からない』 とのこと。

名前を聞いたら 『ベンハミン (英語読みでベンジャミン)』 で、それに当てられる様な名前は見付けられませんでした。

名前の意味を聞いたら 『特に無い』 との返答だったので、名字を聞いたら 『アリバなんとか (後半忘れました)』 でした。

有馬というハンコがあったので、『これアリバって読めるけどどうする?』 って聞いたら、目をキラキラさせて 『エクセレント! ファンタスティック!』 って大喜びです。

『ただ、2,100円もするけどどうする?』 って確認したら、『全く問題ありません。この素晴らしいものを手に入れるのに、値段なんか関係ありません』 って爽やかな笑顔で言われ、竹のお箸と一緒にご購入です。

彼は旅行の後も、別の仕事で一週間ほど私のオフィスに来てましたので、迷わずに買った彼の男気に応えるために、朱肉・マット印鑑袋のセットをあげたら、『本当にありがとう。あなたには本当に感謝している。あなたは私のアミーゴだ!』 って言って喜んでもらえました。

来月の報告書のサインの横に、あのハンコを押して来ないかな~ ってちょっとワクワクしてます (・ω・)ノ


nice!(19)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
アクセスランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。